ジントニックのライムの正しい絞り方

ライム 扇


お店でジントニックを注文すると、ライムがついていることがあります。
ジントニックとライムは相性が良く、ライムを少し絞ることで、ジントニックに程よい酸味が加わります。

ところでライムの形状は、お店によってさまざま。ライムを絞りたくても、どのようにすればよいか悩んでしまうことがありますよね。そこで、一般的なライムの絞り方をご紹介します。

ライムが扇型の場合の絞り方

ライム 扇②

扇型にカットされたライムは、手で絞ることを想定して提供されています。そのためシンプルに、手で絞ってしまってOKです。

ライムがスライスされている場合の絞り方


ライム スライス

スライスされたライムがグラスの中に入っている場合、当然ながらライムを手で取り出すことはできません。そこで、かき混ぜてライムを味わうのがベター。かき混ぜすぎるとジントニックの炭酸が抜けてしまうので、マドラーで軽く混ぜましょう。


とはいえ、お酒の楽しみ方にルールはありません

とはいえ、「ジントニックはこう飲まないといけない」というルールは存在しません。みなさんの好きな飲み方・楽しみ方を探してみてください♪

カテゴリー