ソルティードッグの由来は塩と犬?


定番カクテルのひとつとも言えるロックカクテル「ソルティードッグ」。バーで飲むのはもちろん、スーパーなどでも手に入るこのカクテルですが、そのユニークな名前に興味を持った方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は「ソルティードッグの名前の由来・秘密」をご紹介します。

ソルティードッグの由来 犬との関係は?

水夫

カクテル名に「ドッグ」という言葉が入っていることが特徴的な、ソルティードッグ。
このカクテルを直訳すると、「しょっぱい」、「犬」になりますよね。

実はソルティードッグの由来は、これでほぼ正解。
イギリス海軍の水夫が、「犬のように」「汗まみれ・潮まみれで働いている」様子をイメージしたカクテルであることから、ソルティードッグという名前がついています。

塩なしのソルティードッグは存在しない

sio

ソルティードッグ最大の特徴は、グラスの周りに食塩が塗られていること。
塩の入ったしょっぱいカクテルであることが、ソルティードッグの由来ですので、塩がなければ別のカクテルとなってしまいます。(塩なしの場合、ブルドッグというカクテルになります。)

ソルティードッグ 塩と一緒に飲む方法

ソルティードッグをおしゃれに嗜むうえで、最大のポイントはやはり塩!です。最初に口をつけたところから、少しずつ飲む場所を変えていくのがベター。間違っても塩を拭いたり全部舐めとらないで下さいね(笑)

ソルティードッグに合う料理

刺身

ソルティードッグは、もともと水夫の働くさまをイメージしたカクテル。そんな海のカクテルであることから、魚介系の料理と相性が良いです。マリネやお刺身といった料理と一緒に味わうと、より楽しめることでしょう。

ソルティードッグの作り方

ソルティードッグ

ソルティードッグは、シェイクなしで作れるカクテル。まず初めにグラス(透明なロックグラスがおすすめ)の淵にレモンの果汁をこすりつけましょう、そして塩をつけ準備は完了!
グラスに氷を入れ、ウォッカを注ぎ、グレープフルーツジュースを入れれば完成です。

手間もかからず、料理との相性もいいのがソルティードッグの特徴。
今ではスーパーでも買えるカクテルですし、ぜひ飲んでみてください。

カテゴリー