カクテルの女王マンハッタンはバーテンダー泣かせ

先日ご紹介した「マティーニ」と並び称される有名なカクテルといえば、「マンハッタン」です。

カクテルの王様、マティーニが人気な理由
「マティーニ」というカクテルの名前は、誰しも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?それもそのはず、マティーニはカクテルの王様と...

マンハッタン

赤く透き通るような色が魅力的で、見ているだけでもうっとりします。そしてマティーニがカクテルの王様と言われるように、マンハッタンはカクテルの女王とも呼ばれます。

マンハッタンの特徴

度数や味としてはちょっと強めのカクテルであるマンハッタンは、以下から作られることが多いです。

・ウイスキー
・スイートベルモット
・アロマチックビターズ
・レッドチェリー

また、マンハッタンの味の特徴は甘さとほろ苦さ。そしてそのほろ苦さのアクセントとなっているのは、マンハッタンに使用するベルモットです。

ベルモットとは

ベルモットは、白ワイン+スパイスで作られるフレーバードワイン。マティーニにも使われています。

このベルモットの量が、マンハッタンの香り・味を大きく左右。その日の気分で、1滴リキュールをプラスするだけでも劇的に変わります。

マンハッタンはバーテンダー泣かせ

バー

そんなわけで、マンハッタンはシンプルなお酒ですが、美味しく作るのは難しく繊細です。少しのさじ加減で、味付けが大きく変わるので、バーテンダー泣かせのカクテルとも言われるほど。女王の名にふさわしいですね。

マンハッタンの名前の由来

マンハッタン(街)

マンハッタンの名前の由来は、そのものずばりでニューヨークのマンハッタン。マンハッタンの街の夕暮れをイメージして作られたカクテルなのです。

そして、あの有名なマリリンモンローが映画などで飲んでいたことでも有名に。モンローがセクシーに嗜む姿から、このカクテルも大人女性の色気や雰囲気のイメージがついたようです。

カテゴリー