ジントニックとジンバックの違いとは

居酒屋やバーでも人気の商品である、ジントニック。
名前はよく聞きますが、実際何を飲んでいるのか知らずに注文している方も
多いのではないでしょうか。
ジンバックという、似たような名前のカクテルとの違いもわからなかったので
ちょっと調べてみました。

ジントニックとは

ジントニックとは、その名の通りジン+トニックを混ぜたカクテルのこと。
それぞれについて見ていきましょう。

ジンとは

ジンとは、蒸留酒(スピリッツ)と呼ばれる、アルコール度数の高いお酒。
ジントニックは、この「ジン」を使ったカクテルなんですね。
ちなみにジンは、大麦、ライ麦、ジャガイモなどが原料に使われています。

スーパーやバーなどで、↓のボトルをよく見かけますよね。

トニックとは

トニックウォーターとは、炭酸水に柑橘系エキス、糖分等を配合した清涼飲料水。
これでジンを割ることで、ジントニックが完成します。

トニックウォーターと炭酸水・ソーダの違い

よく似ていますが、トニックウォーターと炭酸水・ソーダは別物。
炭酸水+柑橘系エキス+糖分がトニックウォーターです。
ちなみにソーダは炭酸水と同じものだと考えていただいてOKです。

主なトニックウォーターとしては、
カナダドライ、ウイルキンソンなどがあります。
そう聞くと、確かにただの炭酸水とは違いますよね。

ジントニックとジンバックの違いとは

一言でいうと、「ジンを割るものが違います」。

ジンバックの「バック」とは、レモンジュースとジンジャエールをスピリッツに混ぜるスタイルのこと。
つまり、
①ジントニック=ジン+トニックウォーター
②ジンバック = ジン+レモンジュース+ジンジャエール
という違いです。

ジントニックは男性向けのカクテル

ジントニックのようなカクテルを頼むのは男らしくない…!なんて声をたまに聞きます。
しかし元々ジンは、大衆向けのお酒。そこに女々しさはありませんでした。
なので、ジントニック好きな男性は、バーに行ったら
心置きなくジントニックを注文しましょう。

また、ジントニックは「ジンとトニックウォーターを混ぜるだけ」というシンプルな作り方ながら
とても奥が深いカクテル。
初めてのバーではまずジントニックを頼め、といわれるほどです。

今では万人向けのカクテルに進化したジントニック。
ぜひ、老若男女問わずジントニックを味わってください。

カテゴリー