画像で解説 副業サラリーマンのWeb確定申告マニュアル


1年に一度の確定申告。サラリーマンの方であっても、税控除や副業を行っている人はこの確定申告をする必要があります。

とはいえ、国に書類を提出するということは、面倒くさそうというイメージが付きまとうもの。そこで、ふるさと納税や株式投資・FX・アフィリエイトなどを行っている副業サラリーマンのために確定申告の方法についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

どの方法で確定申告するか

確定申告の方法は全4種類

昔は手書きでの申請しかできなかった確定申告ですが、今の時代はWeb入力にも対応。パソコンを使える方なら、Web上で書類を作成できるようになりました。

特に税金の計算は非常に複雑ですので、今の時代にわざわざ手書きで書類作成するメリットは全くありません。国もWebでの確定申告を推奨しており、税務署ではWebの申請サポートも無料で行っています。

メリットデメリット
(1)自宅作成:手書きなし税金を手計算しなければならず、非常に面倒
・作成した書類を郵送or税務署へ持参する必要あり
(2)税務署で作成・必要な書類を持参すれば、PC操作含め職員の方に教えてもらえる税務署が信じられないほど混雑する(私が行った税務署は,2時間待ちの案内が出ていました)
(3)自宅作成:Web作成・自宅で書類作成後、Webで書類提出ができる・作成した書類を印刷のうえ、郵送or税務署へ持参する必要あり
(4)自宅作成:e-Tax・自宅で書類作成後、Webで書類提出ができる専用のカードリーダーを購入する必要がある。その割にWeb作成と手間があまり変わらない

オススメは断然、自宅でのWeb作成

そんな確定申告ですが、オススメは断然 (3)自宅でのWeb作成 。(2)の税務署サポートは安心できそうに感じますが、確定申告期間は想像を絶する混雑ぶりです。また、(4)のe-Tax申請は専用カードリーダーの購入が必要であり、別でお金がかかってしまいます。

その点自宅でのWeb作成であれば、待ち時間もありませんし、別途端末等を購入する必要もありません。唯一のデメリットとしては、入力画面の操作方法がよくわからない…という点でしょうか。

そこで、そのデメリットを解消すべく、具体的な操作方法を以下で解説していきます。

スポンサーリンク
カテゴリー